スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年09月07日

Hexmag airsoft PTW用 120rd magazine


やっと入手しました。

開発中のアナウンスがあってから約2年近く待ちましたが、最近になってやっと発売されました。

今回はドラゴンフォースさんの通販にて購入させて頂きました。

しかしファーストロットは既に捌けてしまったようですが、次ロット入荷はさほど時間はかからないっぽいです。

因みにマガジン本体の色はBK・OD・FDEの3色展開で、今回はBKをチョイス。



で、早速フォロアープレートを分解。


オレンジのヘックスを押し込みながらアンダープレートを前方にスライドさせます。


アンダープレートを抜き取ったら、スプリングに押されたオレンジのヘックスを飛ばさないように取り外せば終わりです。



このフォロアーとダミーフォロアープレートは別売りで色違いのものが発売されているので、本体色に合わせた着せ替え的な遊びも出来て楽しそうです。


後は、専用のグリップテープなんかを使えばリロードの時に滑りにくくなるのではないかと思われます。


PTW LVOAに挿してみました♪

見た目は良い感じ☆

後は、実際に弾をロードして弾上がりや本体との相性を見てみようと思います。  


2016年09月04日

PWS EBT Mod.2


去年位に発売されたPWSのEBT Mod.2を入手してみました。

前回入手し、PTW LVOA-C/SとIRON AIRSOFT Remingtn R5 RGPに組んでいる同社EBTもとても調子がいいです。


開封。

内容は、バッファーチューブ・キャッスルナット・QDエンドプレート。

このEBT Mod.2の特徴は、キャッスルナットの緩み防止にラチェット式を採用しているところでしょうか。



この様に、キャッスルナットのノッチで簡単には緩み難くなっています。

因みにバッファーチューブを省いた、ラチェット式キャッスルナットとエンドプレートのみのセットもあるようです。




続いてバッファーチューブ。

旧モデル同様、6ポジションでフルート加工されたバッファーチューブ。

更にバッファーチューブのレイル部分にも、フルート加工が追加されていてバッファーチューブの後端も肉抜きされています。


旧モデルと並べてみました。

因みにLVOA-C/Sのはバッテリーを収納する為に、後端をくり抜いてありますが…流石に今回のEBT Mod.2のをくり抜くのは気が引けてしまいます(^_^;)

よって、これはGBB用にする予定です。  


Posted by CPL:Dan  at 02:56Comments(0)装備・アクセサリーカスタム

2016年07月17日

V-tech DBAL-eMKⅡ(DBAL-D2)レプリカ


久々にレーザーデバイスレプリカを。

今回はV-techのDBAL-eMK2(DBAL-D2)レプリカを入手してみました。



内容は、本体・QDレバーマウント・マウント固定用スクリュー・リモートS/W。


本体は恐らくアルミ製です。

上面に貼られているコーションステッカーはありませんでした。

Element Airsoftからも同じモデルが発売されていますが、本体こそプラ製なもののステッカーも再現されていたりします。


機能はVIS/IRレーザーとフラッシュライトです。



スイッチは左側がIRレーザーのHi/Loの切替、右側がVISレーザーとフラッシュライトの切替で、Fireスイッチの押し方で点灯方法を変えられます。


レーザーはグリーン。

ある程度までの調整ができるようです。


本来はIRイルミネーターですが、此方はフラッシュライト。

シュアファイアのCR123で、特に輝度などの表示はありませんがなかなかの明るさ。


付属のマウントがなんともショボいです…(´Д` )

作りは最悪。

穴を開ける場所を間違えたのか、適当に修正した跡が…。


まぁ、取り付けてしまえば分からないと言えばそうなのでしょうが、残念なポイントです。


G&PのDBAL-A2との比較。

DBAL-eMKⅡの方が少し小さいです。


とまぁ、色々と残念な所がありますがelementのとニコイチにして、マウントをちゃんとしたものに交換すればもう少しましにはなりそうです。
  


Posted by CPL:Dan  at 17:39Comments(0)装備・アクセサリーパーツブログ

2016年04月23日

Battle arms×Rainier arms ambidextrous selector 其の2


この間、Mega arms MKMに取り付けた、B.A.D×Rainier armsのコラボセレクターの色違いです。

このセレクターが発売された時はまだ、BKとRedのみでしたが、いつの間にかFDEが追加されてました(^_^;)

しかも今回入手したのは、セレクターアクスルもマイナーチェンジしていました。


アクスルの表面処理が変更されてたのか、チタンコート?様な色になっていました。


更に、45°と90°が変更出来るように。

そう言えば、マルイさんのM4 MWS用レプリカも発売されましたが、セレクターレバーの取り付け部分が片方は一体になっています。


あと、どうやら例のアレが完成したようです♪

楽しみ(^_^)
  


Posted by CPL:Dan  at 03:58Comments(0)エアガン装備・アクセサリー

2016年03月19日

MP2 magazine insert


D3CRと一緒に使用するために購入しました。



これをチェストリグのマグポーチに入れることで、マガジンの脱落防止バンジーから解放されてマガジンの抜き差しがし易くなるみたいです。



こんな感じでバンジーを取り外して、ポーチの中に入れ、2つの突起をモールに引っ掛けて使います。



PTS/KSC・KWAのP-MAGを入れてみましたが、インサートが抜けてしまうこともなく、容易に抜き差しが出来且つしっかり保持もしてくれます。


これで、一応最初で最後のサバゲーに使用する装備が出来ました!

後はPTWの完成を待つばかりです♪( ´▽`)
  


Posted by CPL:Dan  at 15:42Comments(0)装備・アクセサリー

2016年03月19日

Disruptivenvironments chest rig


先日のD3 Rifle Slingに引き続き、Haley stratgic partnersのD3CRを入手しました。

なかなかタイミングが合わず、漸く入手できました。

では、早速手持ちのMayflower Research/Veloctiy systemsのAPCに取り付けていきます。

先ずは、チェストリグとハーネスを分解します。



肩部分とチェストリグ本体左右に付いているクリップを外します。



本体の裏側に大きなベルクロがあるので、それも剥がします。




APCに予め取り付けておいたクリップに、D3CRのクリップを差し込みます。

そして、APC全面とD3CRのベルクロを貼り合わせます。



そして、左右のクリップをそれぞれ差し込んで完成。

うん、とても格好いいです♪( ´▽`)  


Posted by CPL:Dan  at 14:03Comments(0)装備・アクセサリー

2016年03月13日

ストックとかスリングとか。



今週は久々に土日と波があり、久々に2日ともサーフしました♪

水温こそまだ冷たいですが、気温は暖かいので殆ど気になりません。

いい波でした!


さて、PTW LVOA-C/S用のB5systems SOPMOD Enhanced stockのセラコート施工から上がってきたようです。


写真で見る限りは綺麗に仕上がっています。

後は、MIAD gripが返ってくればガワは完成☆

そして、IRON AIRSOFTのRemington R5 RGPのインナーバレルの真出しをしました。

しかし、こんな時に限ってシールテープが無く、仕方ないのでマスキングテープを探すも見つからず…orz

これでやりました(^_^;)

多分、大丈夫…なはず。

後は新たにスリングを購入しました。


Haley stratgic partnersのDisruptivenvironments Rifle Sling♪


今使用しているTactical linkと同じ、QDの1Point/2Pointコンパーチブルスリングです。


Tactical linkとは違い、2ポイントスリングとして使用した時に伸縮できるようにハンドルがあります。

ここの機能はBlue force gearのそれと同じ感じですね(^_^)

しかし、色はプレートキャリアがコヨーテなので凄く迷いました。

でも、コヨーテはTactical linkがあるのでこちらはブラックにしました。


今週は良い週末でした♪
  


2016年02月23日

Mayflower research APC

珍しく装備を。




Veloctiy systems/Mayflower researchのAPCです。

僕はサバゲーはやらないのですが、去年の今頃にSGT製War sport刻印のレシーバーがキャンペーンで当たり、それを組んでもらうお店を探していた所、友人から組んでくれるお店を紹介する代わりに1回ゲームに出るとの約束をしてしまい、じゃあ装備も買わなきゃと思い購入しました。

序でにダミープレートも。


これは流石にレプリカにしました(^_^;)

バリスティックのプレートなんて、重くてやってられません(笑)

しかしこれだけでは使えないので、このプレートキャリアにチェストリグを取り付けられるよう、Veloctiy systemsのSwift clipも購入してみました。



因みに肝心のチェストリグですが、そのチェストリグ用のアクセサリーと共にオーダー中です。

後はグロック用のホルスターとAR系用のマガジンキャリアとハンドガンのダブルスタックマガジンキャリア位ですかね。

しかし、1回こっきりなら実生地のレプリカでも良かったかなぁと、今更ながら思ったりも…( ;´Д`)

まぁいいか。  


Posted by CPL:Dan  at 00:39Comments(0)装備・アクセサリー

2016年02月06日

各社ガンケース


Colt、FNHに引き続き新しい仲間が加わりました。



War sport industries LLC製LVOA Carbin bag。

とは言え、LVOA-C/S専用って訳でもないのですが(笑)

でも、只今鋭意製作中のPTW LVOA-C/Sが入ると思いますが。


中はとてもシンプルな作りで、Molleみたいなループが縫い付けてある所に、付属する5本のベルクロバンドで固定します。

そして何気なく眺めていると…

あ…

1箇所縫い忘れてる(^_^;)

しかも、ホワイトマーカーで印まで付けてあるのに(;´Д`A

まぁ、アメリカらしいっちゃアメリカらしいです(^_^)


早速収納してみました。

モデルはMega arms MKM。

この様に分割して収納します。

しかし、マガジンなどは入れる場所がないので、マガジンやBB弾は別途入れ物が必要。

更に僕は今回、LVOA-Cとは別にLVOA-Sアッパーコンプリートを製作しているので、それを入れられるものも考えなければ…(^_^;)

まぁ大人しくStorm caseを買えって話なのですがね。


  


Posted by CPL:Dan  at 10:49Comments(0)エアガン装備・アクセサリー

2015年11月27日

FNH Soft guncase


買うといいつつ、なかなか買わなかった(買えなかった?)FNHオフィシャルのソフトガンケースをやっと買いました♪

Storm caseのColt別注モデルと並ぶ、実物ガンケース!





中は、上蓋にオペレーティングマニュアルなどが入り、下側はベルクロになっていてレイアウトを好みで変えられるようになっています。

サプレッサーが入るポーチに8inchのOspreyを入れてみましたが、蓋になるベルクロが閉まらないしかなりタイトで、蓋を閉めなくても落ちてくる事はなさそうです。

ユーティリティポーチは、レプリカのX300ultraとDBAL-PLか余裕で入ります。


FNX関係は本体・スペアマガジンを含め、主要なものは大方揃いました。

後はbladetechのダブルマグポーチとTrijiconのRMRだけとなりました。

マグポーチの入手は問題なくできそうですが、RMRの入手はPTWの製作などがあるので暫く先になりそうです。

では!

  


Posted by CPL:Dan  at 00:20Comments(0)装備・アクセサリー