スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年06月09日

UCWRG Raptor charging handle


ピストルグリップや箸に続き、またアンブレラのコレクションです。

AXTS(現:Radian weapons)×UCWRGのOEMチャージングハンドル。

しかしこのチャーハンも、Radian weaponsになったタイミングでSDモデルも追加されていたり。


同じく今は亡きWarsportのOEMハンドルとの比較。


違いとしては、ハンドル部が貫通してなかったり左右が非対称だったりしますが、両方ともAXTS時代からあったりします。

しかしホントラプターはロングセラーなチャーハンですね。

使い心地も良いし、飽きのこないデザインだからと言うのもあるのでしょうか。

このUCWRGというメーカーは、我が国のゲームに登場する企業がモチーフなのです。



そんな訳で、また一つ大切なコレクションが増えました。
  


Posted by CPL:Dan  at 01:57Comments(0)パーツトイガン

2018年06月07日

CMC Triggers Anti-Walkpin kit


相変わらず地味なパーツばかりで申し訳ありません…。

AD-15 DC GBB用に、CMC Triggersのアンチローテーションピンkitを入手。

内容は、トルクスレンチ×2、スクリュー×4、ミルスペックSTDロア対応:.154"×.885"サイズのハンマー/トリガーピン×2。


取付けは、ただハンマーピンとトリガーピンをこのセットの物と入れ替えるだけです。



ちょっと心配だったAD AMRとの相性や作動ですが、ハンマーピン側のスクリューに干渉する事なく機能したので問題無し。


こんな感じ。

アンチローテーションと言うとKNSのが割とメジャーですが、こーいうただネジで留めるだけってのもシンプルで良いですね。

他にもまだまだ地味なパーツを入手したりしているのですが、それはまた次の機会に。  


Posted by CPL:Dan  at 21:35Comments(0)カスタムパーツトイガン

2018年05月22日

Bomber airsoft HK Low profile EDCタイプマグウェル


ようやく国内に入ってきた、UMAREX VP9 GBB用Bomber airsoft製HK Low profile EDCタイプマグウェルです。


このマグウェルは、本家ではHK parts netの自社カスタムパーツみたいで、アルミとスチールから選べてアルミの方は数種類のカラバリがあったり。



今回Bomber airsoftがモデルアップしたのはアルミのBK。

取付は無加工・ポン付けでした。


マガジンの抜差しについては、ベースプレートが隠れてしまうので掴みにくくはなるものの、マグリリースレバーを下げればツルっと落ちてくるので問題はないです。

どうしてもマガジンの取り出しが気になる方は、マグエクステンションを付けてみるのも良いかもしれませんが、もしかしたらマグウェルと干渉する可能性もあるので加工も視野に入れて試していただければ。

いつかは僕もマグエクステンションも試してみたいと思います。  


Posted by CPL:Dan  at 21:12Comments(0)カスタムパーツブログトイガン

2018年05月03日

UMAREX HK VP9 GBB custom

久々にふと思い出したので筆を執りました。


実は前回インナーバレルとチャンバーパッキンを交換した後、急に飽きてしまい1度手放してしまったんですが、これまた急に恋しくなり再び入手しました。

しかも自分が所有していた個体を(笑)

そしてそこからちょこちょこパーツを漁り出して、一通り揃ったので組み込んでみました。


パーツ構成は、前回のPDI製パルソナイトバレルとチャンバーパッキンはそのままに、NovaのS.S.V.I. VP9 Signature seriesタイプスライド、DetonatorのSilencerCoタイプマズルキャップ、CrusaderのHeinie specialty products,inc. Tactical ledge ez-lock straight eightタイプサイト、Lobos industriesタイプトリガー、Ace1 armsのSilencerCoタイプアウターバレルなどを組み込みました。






こんな感じ。

CrusaderのHeinie specialty inc. ez-lockタイプサイトは蓄光チューブではあるものの、本家の形状をリアルに再現していて且つ価格もリーズナブルでした。

しかし同社のLobos industriesタイプトリガーは、形状こそリアルでしたが、トリガーセーフティのスプリングもセットだったら最高だったのですが…。

後は前後サイトへの刻印やマグエクステンションの追加、スライドのセラコートもちらほら考えていたり。

またボチボチやっていきます。  


Posted by CPL:Dan  at 01:03Comments(0)カスタムパーツトイガン

2018年02月23日

Arsenal democracy AD-15 Duty carbine GBB進捗


かなりご無沙汰してしまいました。

本日、約1年の時を経て漸くレシーバーを受領しました。

待ちに待った甲斐があり、出来は最高でした。


どれだけ待ち侘びた事でしょう…。

長かったです。

本当に…。

しかし手元に届いたレシーバーを見て、全てが報われました。


トリガーガードがないのがちと寂しいですが、なかなか良い感じです。

さて、残るパーツも集めてボチボチ組み上げていこうと思います。  


Posted by CPL:Dan  at 01:11Comments(2)エアガンカスタムパーツトイガン

2016年11月23日

UMAREX VP9 GBB


UMAREX HK VP9 GBB Special combo ver.を入手しました。

久々のバンドガン、そしてHKのトイガンです。

最後にHKのハンドガンを買ったのは、10年前。

タニオコバのVP70M GBBでした。

アレは格好良かった…。


開封。


特に発泡スチロールなどの緩衝材発泡無く、ビニール袋に入れられた本体と、調整用L・SサイズのグリップパネルとCruciader製のF・Rサイト、エキストラクター、ディスアッセンブルレバーとオペレーティングマニュアルが付属。

Cruciader製のカスタムパーツは組み込み済みでした。

序でにスペアマガジンも2本購入しました。


「高精度のBB弾しか使うなよ⁈」


実銃の物に近い色合いのマガジン。

装弾数は22発。

モールドながら、左右のパーティングラインや残弾確認用の穴も再現されています。


F・Rサイトピクチャーはオーソドックスなホワイトドット。

今後、Trijiconタイプのナイトサイトなどが発売されたら、暗がりでのサイティングもしやすくなりそう。


スライドをフィールドストリップさせるには、スライドを引きスライドストップレバー前方のディスアッセンブルレバーを下方向に下げて、前方にスライドを押すと外れます。


パカッと。



中身。

相変わらず、香しいスメルのグリスがべっちょり塗りたくられています…(°_°)




チャンバー。

ガワの形状こそ異なるものの、ほぼマルイ方式です。

ただ、チャンバーとアウターバレルがCybergunのFNX45 Tacticalと同様、スプリングで連結されているのでアウターバレルからチャンバーを取り出す際に、スプリングを伸ばさない様に注意が必要です。



チャンバーパッキンはお世辞にも良い物とは言えないので、マルイの1911・VSR用に交換した方が良さそうです。

軽くドライファイアをしてみましたが、中々良いトリガープルとハードリコイルでした。

またいつものレンジで試射して、集弾性やホップの具合を見てみようと思います☆  


Posted by CPL:Dan  at 23:16Comments(0)エアガントイガン

2016年08月17日

PTW LVOA-C/S シェイクダウン


先日、PTW LVOA-C/Sのシェイクダウンをして来ました。

受領後1ヶ月も経ってやっと初撃ちです。

今回は慣らしと各部の操作感と弾道チェック、ざっくりとしたホップ調整のみしてきました。


まずはセレクターとトリガー。

°60ショートスローセレクターはとても良好でした。

続いてトリガー。

CMC Triggersタイプのストレートトリガーですが、これは少し慣れが必要だと感じました。



次はRWAのダイヤル式チャンバー。

こちらの操作感もとても良好で、ダイヤルの回り具合も硬すぎず緩すぎない、程よい感じです。

ただ、クリック感はないのでどれだけ回っているのかと言うのはちょっと判りづらいかもです。

そしてホップ調整と弾道ですが、30m以上の距離でやや左にスライスするというPTWの持病は健在でした。

しかし、もう少しホップ調整をやっていけば多少は収まるのではないかと思っています。

後はシステマ純正のイジェクションポートカバーは閉じた状態なので、ここはチャンバーのホップ調整をより楽にする為に、開いた状態にした方が良さそうです。


こんな感じで、シェイクダウンは無事に終了し改善箇所等も見つけることが出来ました。

次回は、Trijicon MROとSRSのゼロインも出来たらなと思っています。  


Posted by CPL:Dan  at 09:59Comments(0)エアガンカスタムブログトイガン

2016年05月21日

VFC Mk-18 Mod.1 GBBR(Colt&Daniel Defense Licensed)


遂に今年の調達予定の内の1挺・VFC Colt Mk-18 Mod.1 GBBRを受領しました。

去年末から約待ちに待ったMk-18をやっと手にする事が出来ました♪

本当はもう少し早く手にする筈だったのですが、中々タイミングが合わず3RDロット目で漸く入手出来ました。


各種ライセンス承認のシールが貼られています。


内容はMk-18 Mod.1本体、KACタイプのF.Rサイト・レイルカバー、フォアグリップ、マガジン、BBローダー・Hop調整用レンチ、インストラクションマニュアル。

DX Ver.と言う仕様らしいです。


そして、このVFCの最大の特徴と言っても過言ではない、Daniel defense MK18 RISⅡ。

アルマイトによるFDEが、友人が持っているDaniel defense製・実物M4/MK18 RISⅡと見紛うばかりの再現度です。

このDaniel defense RISⅡなどのライセンスを持っているMadbull製の同モデル・FDEの色味とは雲泥の差です。

極端な話、このMK18 RISⅡが欲しくてVFCを入手した様なものです。


Coltの刻印もバッチリ☆

マグキャッチは、PrimeのNorgonタイプアンビマグキャッチに換装済み。


セレクター廻り。

まだアンビ化していませんが、此方もいずれはやりたいと思います。


KACタイプのF.Rサイトとレイルカバーを外し、手持ちのDaniel defenseのF.Rサイトレプリカを載せてみました。



個人的には、このスタイルが好みだったり。

IRON AIRSOFTのRemington R5 RGPにも使いたいので、もう1set欲しいところです☆

ここまで素晴らしい本体の再現度にも関わらず、唯一の残念ポイントが…(´Д` )





マガジン…;orz

2012Ver.以降からのVFCの仕様のせいか、同社
のHK416 GBBRのマガジンになってしまっています。

マガジンボトムカバーにはバッチリHKの刻印まで入ってしまっている始末…(T_T)

本当に此処だけが残念で仕方ありません。

とは言え、自身初のVFC GBBRの第一弾としては良い買い物をしたと思っています♪

また1挺、コレクションが増えてほくほくです♪( ´▽`)



  


Posted by CPL:Dan  at 14:12Comments(0)エアガンブログトイガン

2016年03月06日

IRON AIRSOFT Remington R5 RGPロールアウト。


去年購入したIRON AIRSOFT Remington R5 RGPが、取り敢えずロールアウトしました。


仮組していたKSCのA2グリップから、MAGUPL industlies MIAD Gripに変更。


トリガーガードはPTSのレプリカを友人から貰いました。


BGCはIRONさんのスチールボルトキャリアとプラノズル。

しかしノズルを組み立てる時、誤ってノズルのリターンスプリングを伸ばしてしまいました…(°_°)

そこでトリガーガードをくれた友人に聞いた所、使用していないノズルを貰ってスプリングを移植。

リペア用にもなるし、別途発注してあるスプリングは予備に回します。


付属のショート・ミディアムサイズのレイルセクションも取り付け。

ハイダーは、IRONさんのAAC T51レプリカ。

チャンバーは、IRONさんチャンバーにマルイAEG用インナーバレル組込み済みの物を見つけたので、まずはそれを使用します。

バッファーとバッファースプリングは、これまた友人の余り物を借りて組込みました。

此方は取り敢えずアッパー内でBGCが遊ばないようにする為、取り敢えず借りてきました。


そんな訳で、先ずは組立完了です♪

後は、IRONさんのマガジンが再生産されるのを待つばかり。

とは言え、マガジンを入手してやっとスタートラインに立てるというだけですが…(°_°)

INOKATU・Viper techと共に、AR GBBの至高とも言えるWAM4系。

これをちゃんと作動させ、BB弾を撃てるようにすることが出来たら、素人の僕にとって大きな自信に繋がるのではないかと思っています。

  


Posted by CPL:Dan  at 21:17Comments(0)エアガンカスタムパーツトイガン

2016年02月28日

PTW War sport LVOA-C/S 進捗状況・其の2



アッパーとロアが組み上がった様です。

ロアに関しては、フルオートをキャンセルしつつフルオートシアピンの穴も埋めて塗り直そうかとも考えましたが、取り敢えずそのままにして貰いました。

後から、やっぱ、フルオートいらね!ってなったら、セレクターの45°ショートスロー化と共にキャンセルしようと思います。



上下合体。

一応、ゲームに出る事を想定して作ったLVOA-SアッパーAssy(上)。

ホントに使う日が来るのか…(^_^;)


SBR LVOA-Sのアッパーは、VltorのMUR-1Sなのでフォワードアシストノブはオミットされてます。

まぁPTWではどのみち必要ないですし(笑)


マズルデバイスはどちらもTOPHAT Compです。

片方はAngry gunのレプリカ、もう片方は本家になります。


ここに来て急激に進んだのは、恐らくアウターバレルが鈴友さんから返って来たからだろうと思われます(^_^;)

施工に出した時期も悪かったのでしょうが随分時間がかかったので、残るグリップやストックはいつになるやら…(;´Д`A

内部的には、シリンダー・インナーバレルを決めてしまえば終わりです。

フルシリンダーがもう純正品は手に入らないそうなので、加速ポート付きのシリンダーになるかと思います。

こんな感じで、PTWも1年掛かりでやっと完成が見えてきました。

初めてのPTW、楽しみです☆  


Posted by CPL:Dan  at 20:25Comments(0)エアガンカスタムパーツトイガン