2015年01月18日

蓋。


Strike industriesのダストカバー。

これを買ったときは、手元に物がなくて取り付けられず、今度は取り付けるための本体は入院中という、悲しい事態になっております。



今あるパーツを取り付けられるのは、1〜2ヶ月後(;´Д`A


インストールマニュアル。

とっても簡単取り付け♪

グリップも含め、取り付けるのが楽しみです。  


Posted by CPL:Dan  at 21:01Comments(0)パーツ収集

2015年01月16日

グリップ。

昨日、Mega arms MKMを入院させるため、エアキャップで簀巻きにして送り出しました。

…寂しいよぅ(T ^ T)

で、例の段差やスに対してKSCの回答は「PTS Mega arms MKM AR15全てに見られるもので、外観上の不具合とは考えられません。」と。

…俺が品証なら、問答無用で品質不良対策書を書かせる!

誰がどう見ても、製造過程での不具合な筈なのに何をどう見たら不具合とは考えられないのか…彼奴ら、頭が沸いてるとしか思えません。

製品は、よく動いて同業他社と比べてもなかなか良いもので、決して悪くはないのに会社としては…同じ製造業に携わる者として、KSCの品質意識の低さにがっかりしました。

しかし、今日は待ちに待ったグリップが到着しました♪



BCM [Gun Fighter Grip Mod.1]♪( ´ ▽ ` )ノ

でも、肝心のMKMは病院へ搬送されているためおあずけ(;´Д`A

このグリップは、2種類のモジュラーインサートという小さなパーツが付属します。


スムーズモジュラーインサート。


試しにLarueのロアに付けてみましたが、こやつには角度が違うのでダメでした。


普通のモジュラーインサート。


こっちならバッチリです♪


A1やA2グリップに比べてグリップの角度が立っているので、ストックを短くして構えても手が窮屈になり難いです。

タクティカルトレーニングや3GUNマッチなんかでも良く使われているようです。

手術から帰ってきたら、早速とりつけたいです♪( ´θ`)ノ






  


Posted by CPL:Dan  at 21:27Comments(0)

2015年01月12日

解体…そして、旅立ち。


故あって、MKMを解体しました。

そして、ずっと外し方が判らなかったダストカバーも難なく外すことが出来ました♪



ダストカバーのシャフト、こんなに長かった(;´Д`A

外し方は至極単純。

フォワードアシストノブのロールピンを抜くだけでした…(苦笑)

しかし、アッパーからガスブロックを外そうとした時、やらかしてしまいました…。


2本のイモネジの内、片方をなめてしまいましたorz

俺としたことが…。

1本目は普通に緩んだのですが、なめてしまった方は妙に硬くて。

恐らく、ネジロック剤がしっかり効きすぎていたのでしょう。

本当はバレルまで外してしまいたかったのですが、これはもうショップにお願いするしかなさそうです。


でも、良いこともありました。



BCMのKeymodレイル(実物!)は、ポン付け可能です♪

因みに俺が入手したものはナイロン製ですが、超硬ジュラルミン製(6061T6)のもあります。

ナイロン製で¥5,000、超硬ジュラルミン製は¥8,000程しますが、下手なレプリカを買うよりは強度も信頼性も高いので、お勧めです。

しかもBCMのはナットが完全には
抜けないようになっているので、誤って緩めすぎて無くすこともないので安心です。


とまぁ、大失態をやらかしたのでしばらくの間MKMとはお別れです(T ^ T)  


Posted by CPL:Dan  at 01:52Comments(0)カスタム

2015年01月10日

SST入手&嫌なもの見ちまった…orz



Mega arms MKMのバレルナットキーを入手しました。

しかし、この工具は使い辛そうです。

MKMのバレルナットはかなり強固に締まっているらしく、この工具を使っても緩まなかったという人もいるようです。

KACのURXのインストールツールみたいなのであれば、まだやり易いと思うのですが。

今朝、何となくアッパー廻りを見回していると、2箇所の外観上の不具合を発見してしまいました…(;´Д`A


鋳造後の成形ミスと思われる段差。


そして、同じく鋳造時のス残り。

KSC(KWA)の外観検査は何を見てるんでしょう?

酷いもんです。

こんな不具合、元職場のインドネシア人研修生でも即発見できます。

まぁ、バレルナットとダストカバーを外したら、アッパーを新品と交換して貰うか新たにアッパーのみ発注するか検討しようと思います。  


Posted by CPL:Dan  at 14:57Comments(0)

2015年01月04日

KSC Mega arms MKM AR15 其の2



続きです。

実はこのARの特徴でもあるKeymodというシステムはどうも好きになれませんでした。

しかし、何度か見ている内に悪くはないかなと思い始め、購入に至りました。


実銃では、このGTR-3Hフレームにはアンビボルトキャッチのモデルもあるようです。

最新版では、MKMアッパーのデザインも変わっています。

このKSCのMKMも、なかなか良くできていますね〜♪

箱出しでも各部の作動は快調だし、アッパー・ロアとのガタも無い。

リコイルもWA程ではないものの、なかなかのもの。

実射性能はかなり良くて、弾道は素直。

トリガーのキレもよく、トレポンには及ばないものの、しっかりついてきます。

しかし、細かなディテールは残念なところも多いです。

まず気になったのは、マグキャッチがフレームからややはみ出ているところ。

実銃や他社のM4ははみ出ているわけがなく、ツライチなのです。

まぁ、既存の部品流用でしょうから仕方がないんですかね。


レイル上のナンバリング刻印も無いです。

そして、塗膜が弱過ぎる!


B.A.D.A.S.Sを取り付けて作動させたら、早速塗装が剥げました(;´Д`A

そんなMKMですが、中身を弄る必要がないのでとても気が楽です(笑)


今の悩みは、ポートカバーの外し方が判らないこと…orz

MKMユーザーの諸先輩方で取り外してみた方がおられましたら、どうかその方法をご教授下さいm(_ _)m  


Posted by CPL:Dan  at 21:01Comments(0)

2015年01月01日

KSC Mega arms MKM AR15


買っちゃいました。

Vectorがかなり調子が良く、これなら…と思い購入。


同時にPTS [B.A.D.A.S.S(Battle Arms Development Ambidextrous Safty Selector)]も。

後は、A2グリップが自分には合わないので実グリも発注しました。

なかなか出来も良く、焼津のSpecial Forceさんでシェイクダウンがてら10マグ分くらい撃ってきましたが、かなり調子よく動きます。

今日は取り敢えず此処まで。