スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年02月28日

PTW War sport LVOA-C/S 進捗状況・其の2



アッパーとロアが組み上がった様です。

ロアに関しては、フルオートをキャンセルしつつフルオートシアピンの穴も埋めて塗り直そうかとも考えましたが、取り敢えずそのままにして貰いました。

後から、やっぱ、フルオートいらね!ってなったら、セレクターの45°ショートスロー化と共にキャンセルしようと思います。



上下合体。

一応、ゲームに出る事を想定して作ったLVOA-SアッパーAssy(上)。

ホントに使う日が来るのか…(^_^;)


SBR LVOA-Sのアッパーは、VltorのMUR-1Sなのでフォワードアシストノブはオミットされてます。

まぁPTWではどのみち必要ないですし(笑)


マズルデバイスはどちらもTOPHAT Compです。

片方はAngry gunのレプリカ、もう片方は本家になります。


ここに来て急激に進んだのは、恐らくアウターバレルが鈴友さんから返って来たからだろうと思われます(^_^;)

施工に出した時期も悪かったのでしょうが随分時間がかかったので、残るグリップやストックはいつになるやら…(;´Д`A

内部的には、シリンダー・インナーバレルを決めてしまえば終わりです。

フルシリンダーがもう純正品は手に入らないそうなので、加速ポート付きのシリンダーになるかと思います。

こんな感じで、PTWも1年掛かりでやっと完成が見えてきました。

初めてのPTW、楽しみです☆  


Posted by CPL:Dan  at 20:25Comments(0)エアガンカスタムパーツトイガン

2016年02月27日

PTW War sport LVOA-C/S製作進捗状況


少しずつ進んでいるようです。

レシーバーKitを入手してから、パーツ選定・収集などで丸1年が経過してしまいましたが(^_^;)

時間を掛けて集めたパーツが、PTW用に加工されて取り付けられています。


スタンダードアッパーは16.2inchレイルに14.7inchバレル、MUR-1Sタイプは13.5inchのレイルに12.5inchバレルの組み合わせになります。


バレルには刻印を入れて貰い、各ピースの色がバラバラだったのでGraphite Blackで塗ってもらいました。


かなり加工が大変だったと言っていたWar sport industliesのボルトリリースレバーも無事に取り付けられ、PWS EBTもPTW用にストックを外してバッテリーを入れられるよう加工されています。


後はストック・グリップが返って来れば、ほぼ形になりそうです♪

楽しみ〜!♪(´ε` )  


Posted by CPL:Dan  at 19:26Comments(0)エアガンカスタムパーツトイガン

2016年02月24日

PTS Griffin armament M4SD Linear comp for Mega arms MKM


Mega arms MKMのマズルデバイスを更新。

PTS Griffin armament M4SD Muzzle brakeから、M4SD Linear compにしました。



最初に使っていたM4SD Muzzle brakeにはオフィシャルライセンスなはずなのに、Griffin armamentのロゴが入っていませんでした。

程なくしてロゴ入りのも発売されましたが、ロゴ入りとはいえ同じ物を買うのもなぁと思っていた所、今回のLinear compが発売されました。

しかし発売後すぐに完売してしまい、やっと入手できました。


フラッシュハイダーやマズルブレーキの様に大きなスリットや横穴は無く、ただの筒の様なデザイン。

穴と言えば、マズル正面と上部に小さな穴いくつかあるだけです。

そして、ロゴの他に追加されたのが固定用のイモネジ。

これがなかなか便利で、シムを入れてある程度締め込んでセンターを合わせたら、イモネジで固定。

そうすることでリコイルの振動ではそうそう緩まなくなります。


内側。

本当に小さな穴ですが、実銃では消炎とマズルジャンプを抑制できるみたいです。


取り付けてみました。

とてもいい感じです♪


そう言えば、PTSのMk-18 SDが復刻されるみたいです♪

できればAAC M4-2000も復刻して欲しいですね〜(^_^;)
  


Posted by CPL:Dan  at 20:48Comments(0)カスタムパーツトイガン

2016年02月23日

Aec1 arms S3F Solutionsカスタムバレル


カスタムスライドに付属していたアウターバレルをカスタムに出してから、約4ヶ月振りにようやく帰ってきました。

その間に、RWAがAgency armsとオフィシャルライセンス契約を結び、S3F SolutionsとAgency armsとのコラボモデルのカスタムバレルをトイガン用でもラインナップしたりと、時の流れを感じずにはいられません。

今回僕がモデルにしたのは、S3F SolutionsのG17用マッチグレードバレル。


仕上がりとしては、元々あった刻印を埋めてセラコートを施工後、白彫りにて刻印となりました。

しかし実物の写真と見比べるとロゴの位置が下目になり、それに伴いサイズもやや小さくなってしまっています。

これは、元々の深彫り刻印を埋めた上には刻印は彫れないとのことで、こうなってしまったようです。


iPhoneで撮っているので、ピンボケしちゃってます(^_^;)


しかしスライドに組んでしまえば、それほど気にはならないかなと。

…気に……なるか。

実は刻印の他にもフルート加工もできるか聞いてみたのですが、流石に無理でした(;´Д`A


取り敢えず、これでスライド周りのカスタムは終了。

またボチボチ残りのパーツを集めて行きたいと思っています。



さて、RWAのカスタムトリガーはどうするか…。  


Posted by CPL:Dan  at 22:49Comments(0)エアガンカスタムパーツ

2016年02月23日

Mayflower research APC

珍しく装備を。




Veloctiy systems/Mayflower researchのAPCです。

僕はサバゲーはやらないのですが、去年の今頃にSGT製War sport刻印のレシーバーがキャンペーンで当たり、それを組んでもらうお店を探していた所、友人から組んでくれるお店を紹介する代わりに1回ゲームに出るとの約束をしてしまい、じゃあ装備も買わなきゃと思い購入しました。

序でにダミープレートも。


これは流石にレプリカにしました(^_^;)

バリスティックのプレートなんて、重くてやってられません(笑)

しかしこれだけでは使えないので、このプレートキャリアにチェストリグを取り付けられるよう、Veloctiy systemsのSwift clipも購入してみました。



因みに肝心のチェストリグですが、そのチェストリグ用のアクセサリーと共にオーダー中です。

後はグロック用のホルスターとAR系用のマガジンキャリアとハンドガンのダブルスタックマガジンキャリア位ですかね。

しかし、1回こっきりなら実生地のレプリカでも良かったかなぁと、今更ながら思ったりも…( ;´Д`)

まぁいいか。  


Posted by CPL:Dan  at 00:39Comments(0)装備・アクセサリー

2016年02月13日

PTS Mega arms MKM 1年振りに試射


昨日、友人と焼津市にあるインドアフィールド[Special force]で、Trijicon SRSのゼロインとMKMとFNX45 tacticalのポップセッティングをしながら遊んできました。

どちらも、ポップのセッティングも大体決まってきました。

もう少し撃ち込んで、パッキンが馴染んできた時どうなってくるか楽しみです♪

ここで、友人が持ってきたARを紹介。


PTW Umbrella.corp custom!

バイオハザードに登場する架空製薬企業[UMBRELLA]社。

そのUMBRELLAがゲーム内では無く、実際にAR用のグリップやレシーバーを販売しています。

それらを組んだコンプリートカスタムを再現したとの事。



しかし、UMBRELLAグリップはPTWの場合角度が合わないのでMagpul industliesのMIADになったようです。


UMBRELLA社マーキング。



刻印です。


そんな感じで、茶色い系ARとハンドガンによる、楽しいTrigger timeでした( ´ ▽ ` )ノ♪  


Posted by CPL:Dan  at 14:56Comments(0)エアガンカスタム

2016年02月06日

各社ガンケース


Colt、FNHに引き続き新しい仲間が加わりました。



War sport industries LLC製LVOA Carbin bag。

とは言え、LVOA-C/S専用って訳でもないのですが(笑)

でも、只今鋭意製作中のPTW LVOA-C/Sが入ると思いますが。


中はとてもシンプルな作りで、Molleみたいなループが縫い付けてある所に、付属する5本のベルクロバンドで固定します。

そして何気なく眺めていると…

あ…

1箇所縫い忘れてる(^_^;)

しかも、ホワイトマーカーで印まで付けてあるのに(;´Д`A

まぁ、アメリカらしいっちゃアメリカらしいです(^_^)


早速収納してみました。

モデルはMega arms MKM。

この様に分割して収納します。

しかし、マガジンなどは入れる場所がないので、マガジンやBB弾は別途入れ物が必要。

更に僕は今回、LVOA-Cとは別にLVOA-Sアッパーコンプリートを製作しているので、それを入れられるものも考えなければ…(^_^;)

まぁ大人しくStorm caseを買えって話なのですがね。


  


Posted by CPL:Dan  at 10:49Comments(0)エアガン装備・アクセサリー

2016年02月06日

Can i just buy the rail?


Angry gun製GCRS(GPR-CC)レプリカです。

最近本家はGPRロアを使用したコンプリートライフルを発表しましたね(^_^)

しかし、まだまだCosta ludusとのコラボモデルの方が有名でしょうか。




そんな訳でAngry gunのGCRS(GPR-CC)です。


今回のセットも、LVOAやGPR-Eと同じです。


そして、GPR-Eからレイルの固定方法が実物同様キャップスクリュー×2本から3本に変更され、バレルナットの形状も実物と同じになりました。


マズル側。


トップレイルも肉抜きされています。

材料がいくらA6061ジュラルミンとは言え、あまりにも華奢でちょっと怖いですね(^_^;)


特に下側が…(;´Д`A


LVOAはなかった気がするのですが、両サイドのレシーバー側にある穴はアンチロータリーではないものの、QDスイベルを取り付けられる様になっています。


こんな感じ。

これならわざわざQDスイベルマウントを取り付けなくても良いので楽チンですが、間違いなくレイルが傷だらけになるので気にされる方は、QDマウントを使うことをお勧めします(^_^;)

また今回は入手していませんが、Angry gunからこのレイルと同時発売でRailscalesのS3ハンドストップとHC5グリップパネルのレプリカも発売されました。

素材はどちらもアルミ削り出しです。

ただ、HC5タイプグリップパネルは本家はG10なので、ただでさえシャープなテクスチャーが更に鋭利に…(;´Д`A

マズルデバイスはCosta ludusコラボモデルを再現するなら、既に発売されているAngry gunのGP compに刻印を彫って貰えればいけるかと。


さて、僕が欲しいLVOA3Gはいつ発売されるのか…(^_^;)



…無いな。

  


Posted by CPL:Dan  at 09:48Comments(0)パーツ収集エアガンカスタムパーツ

2016年02月06日

PTS Mega arms MKM AR-15復活


先週、大阪のGunsmith NBABAさんにMega arms MKMアッバーのネジ穴修理を依頼していたのが返ってきました。

ヘリサートという加工をしてネジ穴を復活させました。

早速組み上げて完成です(^_^)


修理に出す前に組んだセミオートセレクターや、スライドロックチャージングハンドルも不具合なく作動しています。



セレクターのクリック感は、スプリングの自由長を調整して組み直したら適度な重さになり良好です。


という訳で、全てのカスタムと修理が完了してめでたくロールアウト。

長かったなぁ…。  


Posted by CPL:Dan  at 07:37Comments(0)エアガンカスタムリペア

2016年02月02日

IRON AIRSOFT Wilson combatタイプ カスタムトリガー


以前、IRON AIRSOFTのLarue Stealth upper/Lowerを中古で手に入れた時に一緒に付いていたのですが、レシーバーごと手放してしまいました。

しかしまた、WAM4系に再チャレンジする為に再度入手。


早速、R4ロアに組んでみました。

とは言え、ユニット化されているのでロアにトリガーを入れてピンを差し込むだけの簡単なお仕事です(笑)

しかし、それだけではガタがあるので、ガタ取りのイモネジを締め込んで調整します。

判りづらいですが、ハンマーの下側に小さく見える穴にイモネジがあり、それを締め込みます。


さて、チャンバー・インナーバレルも組み込み、トリガー・ハンマーも組み込みました。

残るはボルトキャリアグループ、バッファー&スプリング、フルオートシアを入手しセレクターを組み込めば本体の組立は完成です。

グリップはMega armsに付いていたのをと取り敢えず組んであるだけなので、此処も変わります。

こんな感じでR5はコツコツ組んでいます〜☆




  


Posted by CPL:Dan  at 23:29Comments(0)パーツ収集エアガンカスタムパーツ