2016年09月07日

Hexmag airsoft PTW用 120rd magazine


やっと入手しました。

開発中のアナウンスがあってから約2年近く待ちましたが、最近になってやっと発売されました。

今回はドラゴンフォースさんの通販にて購入させて頂きました。

しかしファーストロットは既に捌けてしまったようですが、次ロット入荷はさほど時間はかからないっぽいです。

因みにマガジン本体の色はBK・OD・FDEの3色展開で、今回はBKをチョイス。



で、早速フォロアープレートを分解。


オレンジのヘックスを押し込みながらアンダープレートを前方にスライドさせます。


アンダープレートを抜き取ったら、スプリングに押されたオレンジのヘックスを飛ばさないように取り外せば終わりです。



このフォロアーとダミーフォロアープレートは別売りで色違いのものが発売されているので、本体色に合わせた着せ替え的な遊びも出来て楽しそうです。


後は、専用のグリップテープなんかを使えばリロードの時に滑りにくくなるのではないかと思われます。


PTW LVOAに挿してみました♪

見た目は良い感じ☆

後は、実際に弾をロードして弾上がりや本体との相性を見てみようと思います。  


2016年09月04日

PWS EBT Mod.2


去年位に発売されたPWSのEBT Mod.2を入手してみました。

前回入手し、PTW LVOA-C/SとIRON AIRSOFT Remingtn R5 RGPに組んでいる同社EBTもとても調子がいいです。


開封。

内容は、バッファーチューブ・キャッスルナット・QDエンドプレート。

このEBT Mod.2の特徴は、キャッスルナットの緩み防止にラチェット式を採用しているところでしょうか。



この様に、キャッスルナットのノッチで簡単には緩み難くなっています。

因みにバッファーチューブを省いた、ラチェット式キャッスルナットとエンドプレートのみのセットもあるようです。




続いてバッファーチューブ。

旧モデル同様、6ポジションでフルート加工されたバッファーチューブ。

更にバッファーチューブのレイル部分にも、フルート加工が追加されていてバッファーチューブの後端も肉抜きされています。


旧モデルと並べてみました。

因みにLVOA-C/Sのはバッテリーを収納する為に、後端をくり抜いてありますが…流石に今回のEBT Mod.2のをくり抜くのは気が引けてしまいます(^_^;)

よって、これはGBB用にする予定です。