スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年11月23日

UMAREX VP9 GBB


UMAREX HK VP9 GBB Special combo ver.を入手しました。

久々のバンドガン、そしてHKのトイガンです。

最後にHKのハンドガンを買ったのは、10年前。

タニオコバのVP70M GBBでした。

アレは格好良かった…。


開封。


特に発泡スチロールなどの緩衝材発泡無く、ビニール袋に入れられた本体と、調整用L・SサイズのグリップパネルとCruciader製のF・Rサイト、エキストラクター、ディスアッセンブルレバーとオペレーティングマニュアルが付属。

Cruciader製のカスタムパーツは組み込み済みでした。

序でにスペアマガジンも2本購入しました。


「高精度のBB弾しか使うなよ⁈」


実銃の物に近い色合いのマガジン。

装弾数は22発。

モールドながら、左右のパーティングラインや残弾確認用の穴も再現されています。


F・Rサイトピクチャーはオーソドックスなホワイトドット。

今後、Trijiconタイプのナイトサイトなどが発売されたら、暗がりでのサイティングもしやすくなりそう。


スライドをフィールドストリップさせるには、スライドを引きスライドストップレバー前方のディスアッセンブルレバーを下方向に下げて、前方にスライドを押すと外れます。


パカッと。



中身。

相変わらず、香しいスメルのグリスがべっちょり塗りたくられています…(°_°)




チャンバー。

ガワの形状こそ異なるものの、ほぼマルイ方式です。

ただ、チャンバーとアウターバレルがCybergunのFNX45 Tacticalと同様、スプリングで連結されているのでアウターバレルからチャンバーを取り出す際に、スプリングを伸ばさない様に注意が必要です。



チャンバーパッキンはお世辞にも良い物とは言えないので、マルイの1911・VSR用に交換した方が良さそうです。

軽くドライファイアをしてみましたが、中々良いトリガープルとハードリコイルでした。

またいつものレンジで試射して、集弾性やホップの具合を見てみようと思います☆  


Posted by CPL:Dan  at 23:16Comments(0)エアガントイガン