2016年12月25日

VFC Colt Mk.18 Mod.1 GBB 復活

8月の終わり頃、ちょっとしたアクシデントがあり暫くの間アッパーをバラしていたのですが、なんとアッパーを無くしてしまいました…orz

それから必死に探すも見つからず、PTWでお世話になっているショップに挨拶に行きがてら、アッパーを買いに行って来ました。

当初アッパーのみを買う予定でしたが、ちょうどショップがPTWのパーツ取りにしたほぼ新品の残骸が安く売られていたので、内部パーツの予備も兼ねて丸ごと入手しました。


序でに、VFCにV-MAGとPTW用のバッテリーも入手。

帰宅後、早速入手したアッパーを組んで久々にVFC Mk.18が復活しましま♪


ハイダーはAngrygunのSF556FH-RCにシュアファイアの刻印を入れて貰いました。



インナーバレルはVFCのオプションバレルに換装し、ホップパッキンはPDIのVSR-10/1911用を加工して組み込み。


更にSOCOM 556RCサプレッサーを取りつけました。

しかし、季節はもう冬…。

完全にハイシーズンを逃してしまいました。

セットアップは、V-MAGと一緒に時期を改めてやろうと思っていますε-(´∀`; )

…漸く、一つ終わりました。

さて、次はいつレンジにいこうかな。  


2016年12月23日

B.W.C Colt M45A1 Conversion Kit


未だ改修依頼中のWA M45A1 GBBの完成を待っている中、気になったので入手してみました。


早速開封。

内容は樹脂製スライドとフレーム、シャーシスクリューとグリップスクリュー・ブッシング。

これに、東京マルイのMEU 1911の中身を移植します。


この手作り感満載な包み紙がたまらないです(笑)


スライドとフレームは樹脂(HW?)製、2液のウレタン塗料で塗装されています。

色味は実銃のセラコート H-199 Desert sandを再現したとの事。

今現在は、Ion Bondと呼ばれる物に置き換えられていますが。



先ずはスライド。

前後のセレーションや左右の刻印はシャープな感じです。

WAのと比べても遜色ない仕上がり。



続いてフレーム。



一体化されたレイルセクションやハイグリップ化の為にリダクションされたトリガーガードや、グリップ前方のチェッカリングもちゃんとオミットされています。



反対側。

こちらもちゃんと刻印は再現されてはいるものの、ウレタン塗料の塗膜が厚いせいか、QRコードなどの小さな刻印が埋まってしまっています。

良く出来たフレームなだけに、非常に勿体無いですね(^_^;)

とは言え、手直し出来ない事はないと思います。

因みに、B.W.Cでは今後オプションでロストワックス製のパーツを販売するようです。

欲を言えば、民間向けVer.刻印のスライドもリリースして欲しいなと思ったり。

ついでにMil-tacのG10グリップもラージスクリュー対応加工した上で販売してくれれば助かるのですが(´・ω・`)

しかしまぁ、グリップはVZのG10グリップでほぼ同じデザイン・色の物があり、ネットショップのGunBlueというお店がラージスクリュー対応加工してH-199 Desert sandで塗装されたスクリューと共に販売していたりするので、それで代用しても良いかもしれません。


さて、WAのM45A1が完成するのと東京マルイのM45A1がリリースされるのと、どっちが早いかな…(°_°)


  


2016年12月04日

UMAREX VP9 GBB チャンバーとインナーバレル


UMAREX VP9 GBB、前回の記事から今までドライファイアはしたものの、BB弾を入れてまだ一度も試射出来ていません。

しかし、前回の記事でチャンバー付近に何やらちょろんとなっていたものが気になりバラしてみた所、インナーバレルのポップ窓付近にバリが残っていました。


こんな感じ。

そこでインナーバレルを交換するのとパッキンもついでに見ておきたかったので、FNX45 Tacticalにも使用して調子が良かったPDIのチャンバーパッキンと共にパルソナイト処理されたインナーバレルを入手しました。


PDI Palsonite 01 Inner barrelの東京マルイ製Hi-Capa4.3用(95mm)と、東京マルイ製VSR-10及びGBB用のW hold Chamber packingです。

チャンバーパッキンが2個あるのは、右側の出っ張りを切り落としてVFCのMk.18 Mod.1 GBB用に入手しました。


早速組み込み。



VP9 のインナーバレルは94mmに対して、今回入手したPDIの東京マルイのHi-Capa4.3用は95mと、1mm長いです。


しかし、スライドにリコイルスプリングと共に組み込んでしまえば、アウター内にしっかり収まります。



更にフレームと合体し、スライドストップを掛けた状態でもアウターバレルとツライチになりました。

さて、組み込みは難なく終了しましたが、試射にはいつ行けるのやら…(´・_・`)  


Posted by CPL:Dan  at 01:05Comments(0)