2017年02月05日

IRON AIRSOFT Remington R5 RGP一時帰還


長らく調整に出していたIRON AIRSOFTのRemington R5 RGP GBBRが、一旦調整を終えて帰還しました。

前回、ボルトキャリアのシリンダー内部の切削が怪しいのでは?と思い、ARパーツ関係でお世話になっている方に相談した所、一度診てみたいので送って欲しいと。

それから更にIRON AIRSOFTのファクトリーに送られ、消耗品の交換と調整を受けてきました。

…まさか、海を渡るとは(°_°)

更に帰国後、新型軽量ボルトキャリアを導入しつつ色々パーツも変更していました。


先ずはマガジン。

恥ずかしながら、WAのM4用純正マガジンは初めて見ました…(^_^;)

師匠曰く、純正マグが調整の基本との事。


イノカツのボルトキャッチ。

これにする事で確実にボルトストップは昨日するものの、IRON製マガジンだとフリクションが多くなり作動が渋くなる場合があると。

ボルトキャッチが掛からない主な原因は、ボルトキャッチの爪とマガジンのフォロアーの当たりが甘く、フォロアーがボルトキャッチをしっかり押し上げないからだと。

しかしWAの純正マグなら問題ないとの事でした。


RA-TECHのバッファーとストライクアームズのリコイルS/P。


このバッファー、中にウエイトが入っていてちょっと重たいです。

リコイルS/Pはストライクアームズのオリジナルパーツでレートもいくつかあるみたいですが、これに使われてるのがどのレートかはわからないのでまた調べてみたいと思います。


さて、作動不良の主たる原因ボルトキャリア。


このシリンダー内部一番奥に切削残りの段差があり、そこにローディングノズルのOリングが引っかかり作動が良くなかったみたいです。



そして新型軽量ボルトキャリア。

パッと見は一緒ですが、所々薄肉化されて随分軽くなっています。


こんな感じ。

こんな内容で調整とパーツの見直しを受けて帰還。

そして早速動かしてみると、ボルトキャリアの軽量化によりキックはやや弱くなったものの、見違える様にバシバシ作動しました♪

しかし、まだまだ本調子では無い事と更に精度を見直したボルトキャリアを製作するとの事でした。


さて、更に精度を見直したボルトキャリアのリリースを待ちつつ、久々の再会を楽しみたいと思います。




同じカテゴリー(エアガン)の記事画像
Arsenal democracy AD-15 Duty carbine GBB進捗
Umbrella corp.(ucwrg) Type23 Grip
Arsenal democracy AD grayテストピース。
Arsenal democracy AD-15 DC GBBR製作進捗報告
Angrygun KSC/KWA M4用スーパーリコイルKit
VFC Colt Mk.18 Mod.1 GBB 復活
同じカテゴリー(エアガン)の記事
 Arsenal democracy AD-15 Duty carbine GBB進捗 (2018-02-23 01:11)
 Umbrella corp.(ucwrg) Type23 Grip (2017-06-10 21:30)
 Arsenal democracy AD grayテストピース。 (2017-06-08 19:33)
 Arsenal democracy AD-15 DC GBBR製作進捗報告 (2017-04-10 23:53)
 Angrygun KSC/KWA M4用スーパーリコイルKit (2017-02-23 00:34)
 VFC Colt Mk.18 Mod.1 GBB 復活 (2016-12-25 00:26)

Posted by CPL:Dan  at 22:03 │Comments(0)エアガンパーツリペアカスタム

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。